2021年 8月 2日 (月)

これが不妊治療のラストチャンス? 太田光代、48歳の「顕微授精」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   芸能事務所「タイタン」の社長で、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんの妻・太田光代さん(48)が、「顕微授精」で受精卵ができたことをツイッターで報告している。

   太田さんは以前から不妊に悩み治療を続けていたが、子宝には恵まれてこなかった。太田さん自身「最後」とする今回の治療で、無事妊娠することはできるのだろうか。

「最後の受精卵をどうしても移植出来ない…」

   太田さんは2012年8月6日、ツイッターで

「うんとね、三回って決めた顕微授精でできた受精卵のランちゃんを、どうしても移植出来ないの。いなくなったら嫌だし、三回以上受精卵を作らないって決めてたから。どうしたら、いいって思う?」

とツイートした。

   太田さんは30代の頃に体外受精に挑戦したが、受精卵はできなかった。今回初めて顕微授精を3回やってみたところ、3回とも受精卵ができた。しかし1回目、2回目は着床に失敗してしまい、「三回目の着床が、またダメだったら、なんだかねっ、生きがいが無くなっちゃうような気がするの」と、ラストチャンスの受精卵を体内に移植する勇気がなかなか出せないようだ。

   フォロワーからは「移植すべしでしょう。せっかく受精した卵ちゃんだから。その後は神様が決めてくれます。その子に生きる力や生まれ出てくる運命があるなら大丈夫だし、そうでなければその後何をしてもダメなときはダメと思った方がイイと思えますが…」「ホントに子供が欲しいと思うなら挑戦し続けた方がいいと思います。どんなに欲しくても無理な時がかならず来ます。年老いたときに今を後悔しないためにも是非!!」など、移植を勧める意見や、3回と言わずこれからも治療を続けてはどうか、という意見が寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中