「那智の滝」登った3人、礼拝所不敬などで書類送検

印刷

   和歌山県警新宮署は2012年8月9日、世界遺産に登録されている「那智の滝」(和歌山県那智勝浦町)でロッククライミングをした世界的アルパインクライマーの佐藤裕介さんら3人を軽犯罪法違反と礼拝所不敬の容疑で和歌山地検新宮支部に書類送検した。

   3人は12年7月15日、立ち入りが禁止されている那智の滝の岸壁を登り現行犯逮捕されたが、逃走のおそれがないことなどから釈放されていた。

   礼拝所不敬罪は刑法に規定されており、神祠、仏堂、墓所その他の礼拝所に対し公然と不敬な行為をした場合、6か月以下の懲役もしくは禁固または10万円以下の罰金が科せられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中