韓国に対する感情悪化50% 大統領が竹島上陸で

印刷

   毎日新聞が全国世論調査を実施したところ、島根県の竹島に韓国の李明博大統領が上陸したことについて「韓国に対する感じ方はどうなったか」の質問には「悪くなった」という回答が50%で「変わらない」は44%だった。

   年代別では20歳代で「悪くなった」は25%、「変わらない」が72%だったが、年齢が高くなるほど、「悪くなった」が増加している。70歳代以上は60%が「悪くなった」だった。

   このアンケートは2012年8月11日から12日にかけ、コンピュータで無作為に選んだ電話番号を使うRDS方式で実施したもので、有権者のいる1638世帯から1021人の回答を得た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中