韓国サッカー協会「謝罪ではない」 竹島めぐるメッセージで

印刷

   ロンドン五輪サッカー男子の3位決定戦で、試合後に韓国代表の朴鍾佑選手がピッチ上で「独島(竹島の韓国側の呼称)はわが領土」と書かれた紙を掲げた件で、日本サッカー協会の大仁邦弥会長は2012年8月13日、韓国サッカー協会から謝罪のメール、ファクスを受け取ったと話した。複数のメディアが伝えた。

   一方で韓国の中央日報などは、韓国側から送った文書は謝罪文ではなく、朴選手の行動が政治的な意図に基づいていないと釈明するためのものだったと伝えた。そのうえで文書には、「今後、二度と同じようなことが起きないようにお互い努力していこう」と呼びかける内容もあったとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中