アサンジ容疑者、亡命先の大使館で演説 「魔女狩り止めて」

印刷

   政府を内部告発するためのサイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者(41)が2012年8月19日、亡命先であるロンドンのエクアドル大使館バルコニーで演説し、米政府に対して「魔女狩りを止めてほしい」と訴えた。

   大使館に6月19日に逃げ込んで以来、アサンジ容疑者が姿を現したのは初めて。アサンジ容疑者はスウェーデン政府から性犯罪の疑いで国際指名手配され、10年12月にロンドン警視庁に逮捕されたものの、保釈中の6月に亡命していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中