シリア取材中の女性ジャーナリスト、戦闘に巻き込まれ死亡

印刷

   政府軍と反体制派の戦闘が続くシリア北部のアレッポ近郊で2012年8月20日、取材活動をしていた独立系通信社「ジャパンプレス」(東京・杉並区)所属の女性ジャーナリスト・山本美香さん(45)が戦闘に巻き込まれて死亡した。

   毎日新聞の報道などによると、山本さんはアレッポ市北部の激戦地スレイマン・ハラビ地区で取材中に銃撃戦に巻き込まれ負傷し、トルコ側の街キリスの病院に搬送された後、死亡した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中