2019年 6月 25日 (火)

ジャーナリスト山本美香さんシリアで死す 政府発表より先に「ユーチューブ」に動画

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   日本人の女性ジャーナリストが2012年8月20日、内戦が続くシリアで取材中に戦闘に巻き込まれ死亡した。いち早く伝えたのは同夜の動画投稿サイト「ユーチューブ」、戦場ジャーナリストの山本美香さん(45)だと分かると、ネット上で悲しみが広がった。

   動画をアップしたのは、山本さんが同行取材をしていたシリア政府反体制派の自由シリア軍。兵士は山本さんの遺体のそばに立ち、アサド政権の攻撃で殺された、とし、政府に対する抗議と戦場の悲惨さを語っていた。

顔は血で染まり右手は痛々しく抉れていた

   山本さんはアフガニスタンやイラク、チェチェンでの戦争や紛争の取材で活躍し、03~04年には日本テレビ系「きょうの出来事」のキャスターを務めた。優れた国際報道を行ったジャーナリストに贈られるボーン・上田記念国際記者賞特別賞を03年度に受賞。日本の戦場ジャーナリストとしてはよく知られた人だっただけに、ネットでは上杉隆さんら旧知の人々による悲しみのツイートが相次いだ。

   山本さんは大学卒業後に朝日ニュースター入社し報道記者やディレクターを経験し、95年から独立系通信社ジャパンプレスに移りニュースを届け続けた。今回の取材は日本テレビの依頼で、8月14日にシリア入りしていた。死亡したのは20日で、同僚の佐藤和孝さんとアレッポの内戦を取材している最中に、20~30メートルの距離から路上で政府軍によって銃撃を受けたという。

   日本人ジャーナリストが銃撃されて重体だ、と日本のメディアが報じたのは8月21日未明で、佐藤さんから山本さんが亡くなったと日本の外務省に連絡が入り、外務省が死亡を発表したのはその後だった。ただし、遺体の動画は20日夜の「ユーチューブ」にアップされていた。

   動画では収容所のような場所に山本さんの遺体が横たえられ、顔や頭が血で染まっているのが見えた。右手は銃撃を受けた痕なのか、痛々しくえぐられていた。山本さんの傍には佐藤さんがいて、遺体が山本さんであることを確認していた。

   別の動画では、山本さんの頭と体は毛布のようなもので包まれ、ワゴン車のようなものに乗せられていた。顔に付いた血は拭き取られていて、鼻には脱脂綿のようなものが詰められている。動画のタイトルはアラビア文字で「彼女はアレッポで狩猟された日本のマスコミ関係者」と書かれていて、遺体の近くに立った兵士は、ビデオカメラに向かいこの内乱の悲惨さを訴えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中