2019年 5月 24日 (金)

「KARA」、竹島問題質問に「沈黙」 韓国メディアから批判浴びる

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本で活躍していた韓流アイドルグループ「KARA」が韓国でバッシングを受けている。理由は記者会見で記者から「竹島はどこの領土か?」と質問され、言葉を濁したからだ。

   日本で活躍した俳優やタレントには、まるで「踏み絵」のように竹島問題や、日本の印象について記者から質問が出る。かつてヨン様ことペ・ヨンジュンも、ユンソナも似たような質問をされ、「独島はわが領土」と答えたり、反日と受け取られる回答を繰り返した。

「日本のファンから愛をたくさんいただいた」

   TBSは2012年8月23日夕方のニュース番組で、ソウルで行われた「KARA」の帰国会見の模様を報じた。記者から、竹島を巡る領土問題について質問されると、メンバー5人の表情が硬直した。リーダーのギュリさんは、

「韓国で活動するのは久しぶりです。日本のファンからは愛をたくさんいただいて・・・」
などと虚ろな表情で語った。

   このVTRが終わると、記者の質問をはぐらかしたとして「KARA」が批判を浴び始めた。韓国の大手新聞も「韓国のネットユーザーからひんしゅくを買っている」と報じた。

   韓国の大手ポータルサイト「NATE」に掲載された2012年8月24日付けの「ニュースエン」の記事も手厳しかった。タイトルは「日芸能人『独島は日本の領土』KARA『沈黙』が最善なのか?」。日本の芸能人たちは竹島が日本の領土だと主張しているのに、「KARA」はなぜか沈黙している。しかし、

「韓流を代表するグループだから、当然、それに合った行動を取る責任がある」

と主張。また、ギュリさんは自分たちの活躍によって日本に韓国の存在感を示してきた、と会見で話していたが、そうした自負や誇りの中に「独島」は含まれていなかった、と断罪。今回の沈黙にファンはがっかりしているため、「KARA」から、「独島は大韓民国の領土という言葉を聞きたい」と結んだ。

   日本で活躍した芸能人に対し、まるで「踏み絵」のように質問されるのは竹島の領土問題と日本に対する感情だ。例えばユンソナさんは8年ぶりに韓国ドラマへの復帰が決まった2007年3月20日、ソウル市内での記者会見で、

「歪曲された日本歴史教育に悩み苦しんだ」

などと反日発言を繰り返した。これに日本では、お世話になっている人達のいる日本を平気で中傷できる神経が解らない、などと批判が殺到することになった。一方で、

「親日派のレッテルを貼られたら生きていけない国だから致し方の無いことだ」

と同情する人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中