2019年 1月 18日 (金)

「バイオハザード」出演した中国人人気女優 尖閣対応を批判、「日本のポスターから削除して」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ハリウッド映画「バイオハザードV:リトリビューション」が2012年9月14日に世界同時公開されるが、出演した中国の人気女優の李冰冰(リー・ビンビン36)さんが尖閣諸島問題を巡り日本を非難し、日本での映画のPR活動参加を拒否するだけでなく、日本国内の同映画のポスターから自分を削除するように申し出ているのだという。

   もっとも、配給するソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの日本法人によれば、もともとリーさんをポスターに使っていない、という。

「他の国の試写会には行くけど東京だけには行かない」

   中国網日本語版(チャイナネット)が2012年9月4日付けで報じた記事によれば、リーさんは尖閣諸島は中国固有の領土だと表明し、9月3日に都内で開催された映画「バイオハザード」の試写会を欠席した。試写会にはポール・W・S・アンダーソン監督と、主演女優のミラ・ジョヴォヴィッチさんが出席している。

   リーさんが欠席を決めたのは2ヶ月前で、リーさんのマネージャーは、

「他の国の試写会には行くが、東京だけには行かないと決めた。政治的な影響があったことは否定しない。私たちは中国政府と同じ立場に立っている。釣魚島は中国固有の領土である」

と答えた、と記事に書かれている。そして、日本版ポスターからリーさんを削除するように願い出たという。

   日本での知名度は高いとはいえないが、意外なところで日本との関わりがある。2010年に「上海万博」が開催されたが、そのPRソング「2010年はあなたを待っている」が、日本のシンガーソングライター岡本真夜さんのヒット曲「そのままの君でいて」を盗作したと大騒ぎになったが、メインの一人としてそのビデオで歌ったのがこのリーさんだった。また、08年には中国国内で東芝のデジタル家電のイメージキャラクターになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中