2018年 7月 21日 (土)

外環道、練馬‐世田谷間が着工 2020年の開通目指す

印刷

   東京外郭環状道路(外環道)の練馬(関越自動車道・大泉ジャンクション)‐世田谷(東名高速道路に新設するジャンクション)の区間16.2キロメートルの建設工事が始まった。2012年9月5日、着工式が東名JCT予定地で行われた。

   現在、東名高速(東京IC)と関越道(大泉IC)の区間は環状8号線経由で接続していて、約1時間かかる。完成すれば12分前後に短縮するという。また、中央自動車道や東北自動車道などの高速道路ともつながり、渋滞緩和が期待される。

   国土交通省や東日本高速道路などは東京都が招致を目指す2020年夏季オリンピックの開催までの開通を目指す。

   外環道は1966年に事業計画が決定したが、環境悪化を懸念する周辺住民の反対で建設が凍結されていた。まだ用地買収などが残っており、完成までのハードルは低くない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中