石原都知事「もんじゅ廃炉なんてとんでもない」

印刷

   石原慎太郎東京都知事は2012年9月6日、福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」を視察した。もんじゅは相次ぐ事故で2年間運転を停止したままだが、石原知事は「画期的な技術で、廃炉なんてとんでもなく、絶対してはいけない」と述べた。

   多くの原子力発電所が再稼働していない状況については、「経済を疲弊させて、失業者を出し、社会の混乱につながると思う」と話した。また、「今の原発の反対運動はナンセンスで、とても危ないと思う」と反原発運動を批判した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中