「ゲリラ雷雨」最も多かったのは大阪府の130回

印刷

   気象情報会社ウェザーニュースがまとめた調査結果で、2012年夏、突発的で局地的な「ゲリラ雷雨」が最も多かった都道府県は大阪府で130回だった。2位が愛知県の107回、3位は長野県の92回。

   また、サイト会員の6381人を対象にしたアンケート調査では、熱中症に「なった」という回答が最も多かったのが栃木県の13%。「なりかけた」では、奈良県が52%で一番多かった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中