「iPhone 5」用メモリーチップ サムスンへの発注減らす?

印刷

   米アップルがスマートフォン「アイフォーン(iPhone)」の次期モデル製造にあたって、これまでメモリーチップをアップルに供給してきた韓国サムスン電子からの発注を減らすとみられると、ロイター通信などが2012年9月7日、韓国の報道を基に伝えた。

   アップルとサムスンは、スマートフォンの特許技術をめぐって訴訟合戦を繰り広げている。米ブルームバーグは、サムスングループの企業が製造するディスプレーや電池も、iPhoneの初回生産分について発注量を減らすと報じている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中