2019年 8月 24日 (土)

ツイッターで「問題発言」繰り返す アニソン作曲家菊地創が活動自粛へ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   現在放送中のテレビアニメ「ココロコネクト」の主題歌を担当している音楽ユニット「eufonius(ユーフォニアス)」のメンバー・菊地創さん(33)が、当面の間ユーフォニアスとしての活動を自粛することを発表した。

   これまでテレビアニメ関連ソングの作曲や声優への楽曲提供など、順調に音楽家としての活動を積んできたが、「軽はずみな発言」で自分の首を絞めてしまったようだ。

「eufoniusに関わることはしばらくございません」

   菊地さんは2012年9月9日、ユーフォニアスの公式サイトに謝罪文を掲載した。

   「ネット上での私の不用意な発言により、多くの方々に多大なご迷惑をおかけし、また多くのご批判の声を頂く事となり、eufoniusが関わらせて頂いた作品、その関係者さま、ユーザーの皆さまの心を痛め、失望させる結果となってしまいました。エンターテインメントに携わる人間としてあるまじき行為だと深く反省しております。誠に申し訳ございませんでした」

   「今回の件を受けまして、協議の結果、当面の間、菊地創のeufoniusとしての活動を自粛することに決定いたしました。今回の『eufonius LIVEツアー(9/23名古屋公演)』、ご了承頂いている現在制作進行中の案件が終了次第、菊地創がeufoniusとしてイベント、LIVE等のステージに立つこと、eufoniusの楽曲制作に関わることはしばらくの間ございません」

   なお、ユーフォニアスはもう1人のメンバー・riyaさんを中心に活動を続けていくという。

   菊地さんは12年8月24日、歌手の桃井はるこさんがツイッターで「わたしの夢は自分が作った曲がカラオケに入ることだった」とつぶやいたのに対し、「しょうもない」と返信。桃井さんがそれに対し「そう思われてしまったとしたら少し残念です。わたしはいつも真面目です」と返すと、菊地さんも「僕も真面目ですー」と返信した。このやり取りを見た人から「人の夢をしょうもないと言うとは…」などと、批判が寄せられていた。

   桃井さんに絡んだことがきっかけで、過去に「日本の作曲家100人がかりで攻めてこられてもデコピン一発で弾き返せるくらいeufoniusはオンリーワン♪余裕っす♪」「最近バカ多過ぎて笑えるよね~っ♪…って話しで盛り上がるクリエイターさんとの新年呑み!eufonius聴いて耳鍛えなさい♪」などと強気なツイートを繰り返していたことも明るみに出た。これでますます批判を浴びることとなり、菊地さんは8月27日に謝罪文をツイート、ツイッターを休止していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中