上海マラソン会見突然中止 尖閣国有化が影響か

印刷

   東レをはじめ多くの日本企業が協賛する「東レ杯上海国際マラソン」の記者会見が2012年9月11日、中国・上海市で行われたが、開始直後に打ち切られた。日本政府がこの日、尖閣諸島の国有化を決定したことが影響していると見られる。

   「東レ杯上海国際マラソン」は1996年から毎年12月頃に上海で開かれている。今年の大会を実施するかはわからない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中