2019年 12月 6日 (金)

韓国が日本メディアに「独島は我が領土」広告 朝日新聞など大手紙は掲載許可するのか?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   竹島の領土問題で、今度は韓国が日本の新聞などのメディアに「独島は韓国領」を主張する広告掲載の準備を進めている。韓国の3大新聞、朝鮮日報、中央日報、東亜日報が2012年9月12日付け日本語サイトに掲載した。NHKも「韓国 竹島領有政府広告を日本紙に」と報道した。

   こうした措置は日本政府が11日から全国の70紙に「竹島は日本領」の広告掲載を行ったことに対する対抗策だが、日本の大手新聞は広告を掲載するのだろうか。

「日本は自国中心の考え方、報道をしている」と激怒

   朝鮮日報が12年9月12日付の日本語電子版で報じた記事によれば、李明博大統領のノルウェー訪問に随行している金星煥外交通商部長官が11日に、日本政府が日本の新聞に「竹島は日本領」と書いた広告を掲載したことに対し、

「日本のメディアは最近、日本中心の考え方で、自国に有利な報道をしているように思え、不満を感じる」

と非難。日本国民に対して、日本語で、竹島がなぜ国際法的にも韓国の領土なのかを説明する必要があるため、日本のメディアに広告掲載する準備を進めていると発言した、と報道した。NHKもウエブニュースで「韓国 竹島領有政府広告を日本紙に」という見出しを掲げ、竹島に関する資料の収集や広報などの予算を、来年度は今年度の2倍近くに増額する計画だ、と説明している。

   ただし、韓国がいくら広告を出したくても日本にそれを受ける新聞やメディアがあるかどうかだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中