民放連の12年最優秀は東海テレビの「死刑弁護人」など

印刷

   テレビ、ラジオ局203社が加盟する日本民間放送連盟は、2012年9月20日に2012年の優秀な番組を表彰する「日本民間放送連盟賞」を発表した。

   それによれば、テレビ報道番組の最優秀は東海テレビの「死刑弁護人」。テレビ教養番組の最優秀は読売テレビの「仰げば尊し」。テレビドラマ番組の最優秀はWOWOWの「short cut」。テレビエンターテインメント番組の最優秀はフジテレビの「ほこ×たて」。

   ラジオ報道番組の最優秀は北海道放送の「凍えた部屋~姉妹の"孤立死"が問うもの~」。ラジオ教養番組最優秀は中国放送も「核と向き合う~ヒロシマからフクシマ~」。ラジオエンターテインメント番組の最優秀は琉球放送のラジオドラマ「40才のタンカーユーエー」だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中