470キロの鉄骨、3号機プールに落下 福島第1原発

印刷

   東京電力は2012年9月22日、福島第1原発3号機の使用済み核燃料貯蔵プールに重さ約470キロの鉄骨が落下したと発表した。がれき撤去作業中に誤って落としたという。プールの水の放射性物質濃度の測定値に大きな変動はないとしている。水中カメラを使って詳しく調べる方針。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中