2019年 4月 25日 (木)

最下位群馬、46位茨城 44位に栃木 なぜ北関東は「魅力度が低い」のか?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   47都道府県の「魅力度」を調査した「地域ブランド調査2012」で、群馬県が最下位だった。

   茨城県は4年連続の最下位を免れたとはいえ、46位。44位には栃木県と、北関東は総崩れ。いったい、なぜ北関東はこうも魅力がないのか――。

こんにゃくや草津温泉は有名なのに・・・

   地域ブランド調査は、民間コンサルタント会社の「ブランド総合研究所」が2006年から毎年実施しているものだ。「認知度」や「魅力」、都道府県に行きたくなる「観光意欲度」や住んでみたくなる「居住意欲度」、情報発信の頻度や露出度を示す「情報接触度」など72項目について調べている。2012年は全国の3万375人から回答を得た。

   9月18日に公表された結果によると、昨年44位だった群馬県が最下位に転落。都道府県別ランキングを始めた09年からワースト1位を続けていた茨城県は、一つランクを上げて46位となった。45位は佐賀県、44位は栃木県、43位は福島県だった。

   一方、第1位は4年連続で北海道。2位が京都府、3位に沖縄県が入った。東京都、奈良県、神奈川県と6位までが前年と変わらなかった。

   北海道は、市町村別でも札幌市が第1位に、函館市が3位、小樽市と富良野市が6位と、ベスト10に4市がランクインしている。

   それにしても、どうして北関東はこんなにも評価が低いのだろうか――。ブランド総合研究所によると、「北関東の3県は首都圏という巨大市場に近いため、地域のイメージづくりなどの必要性が弱かったからではないか」と指摘する。

   たとえば、3ポイントも急落して最下位となった群馬県は、「温泉で有名な草津町などの観光地を抱えています。また、こんにゃくやネギの産地としても有名です。こうした魅力が残念ながら、群馬県のイメージにつながっていないことが総合での評価を下げています」。情報発信の仕方に課題があるという。

   同じことは、魅力ある観光資源を抱えながら「低迷」する栃木県や茨城県にも共通している。

   そんな北関東3県に対して、ここ数年着実にランキングを上げているのが、群馬県の隣の長野県。09年にはベスト10圏外だったが、12年は7位に入った。こちらも軽井沢町や安曇野市などの観光地が有名だが、「ドラマや映画の舞台になる機会が増えた」ことがイメージアップにつながったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中