2022年 7月 2日 (土)

不調の日ハム・斎藤佑樹が重大局面 プライド捨てる「性格大改造」必要だ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球、北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が大ピンチだ。2軍落ち以降、試合では社会人チームにまで打ち込まれるなど精彩を欠いている。

   約2か月の2軍暮らしでようやく復活の兆しが出てきたが、根本的な改善を図らない限り、来シーズン先発で活躍するのは難しいと専門家は考える。

決め球のスライダーで三振が取れない

   「今は『持ってる』ではなくて、背負ってます」

   2012年の3月30日、開幕投手として登板した斎藤投手は、自身初の完投勝利で大役を果たした後のヒーローインタビューで言い切った。高校と大学で日本一に輝いた「持ってる男」が、今度はプロ野球の舞台でチームを支える役目を「背負っている」との自覚を示したのだろう。

   ところが開幕から3連勝を飾ったものの、その後は不安定な投球で試合を壊すケースが増える。ファン投票で選ばれたオールスター戦でも快投はなりをひそめ、最後の登板となった7月29日はオリックスバファローズに対して4回途中6失点でノックアウト。ほどなくして2軍行きが命じられた。

   調整のはずの2軍でも、試練は続く。先発して大量点を取られる試合もあり、首脳陣の期待を裏切った。9月13日には、社会人チームを相手に6回4失点で敗戦投手。優勝争い真っただ中のチームとしては一刻も早いカムバックを願っているはずだが、栗山英樹監督は「点の取られ方」の悪さを指摘し、1軍への昇格を見送った。9月18日付のスポーツ報知は、今季のレギュラーシーズンでの1軍復帰は絶望的、と報じた。

   開幕投手から一転、2軍でメッタ打ち――。いったい斎藤投手に何が起きたのか。J-CASTニュースがスポーツジャーナリストの菅谷齊氏に聞くと、「決め球のスライダーで三振が取れないのが厳しい」と指摘した。開幕当初はそれでも相手打線を抑えていたが、各チームの打者が斎藤投手の投球に「慣れて」くると変化球を見極められ、スライダーを空振りしなくなった。直球が140キロ台前半と決して速いとは言えないだけに、これではピッチングの組み立ては苦しい。

   加えて、投球フォームが崩れていると菅谷氏は懸念する。2軍の投手コーチが斎藤投手にフォームの修正を助言すべきだが、「高校、大学とエリートコースを進み、プライドの高い斎藤投手が果たして2軍コーチの言うことを素直に聞き入れるだろうか」と懐疑的だ。コーチも、人気者の斎藤投手を故障でもさせたら一大事、という心理が働いて厳しく指導できないのではと推測する。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中