野田首相が国連総会で演説 領土問題、国際法での解決訴える

印刷

   野田佳彦首相は2012年9月26日、国連総会で一般討論演説に臨んだ。領土や領海については「国際法にのっとり責務を果たす」とした上で、竹島や尖閣諸島を念頭に、「各国が国際司法裁判所(ICJ)の強制管轄権を受託することを呼びかける」などと述べた。中国や韓国を名指しすることは避けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中