2022年 5月 19日 (木)

安倍夫人「アッキー」に再び注目 最近は「脱原発」に傾倒

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

飯田哲也・環境エネルギー研究所長とツーショット写真

   だが、そのわずか半月後の8月16日には、山本氏の対立候補だった飯田哲也・環境エネルギー研究所長とのツーショットが、写真週刊誌「フライデー」(9月7日号)に撮られている。飯田氏は大阪府市の特別顧問を務め、大阪市の橋下徹市長に「脱原発」を指南したことでも知られている。写真が撮られたのは、山口県上関町の祝島。中国電力上関原発建設に対する反対運動が約30年にわたって繰り広げられている場所だ。

   昭恵氏は、飯田氏が11年6月に祝島で行った後援会にも参加しており、2人のツーショットが確認されるのは2回目だ。週刊誌のインタビューによると、

   「伝統行事『神舞』をぜひ見たかったので行きました。さすがに主人は『行って来い』と快く送り出してはくれませんでしたけど」(週刊現代、9月8日)

と、晋三氏の反対を振り切っての訪問だったようだ。脱原発デモについては、

   「『反対!』と大声で主張するやり方ではなくて、もっといい方法があるのでは、と思います」(AERA、9月3日号)

と距離を置いているものの、

   「あれだけの事故が起こり、原発の安全神話は崩壊しました。脱原発は進めるべきです。私は今後、飯田さんと自民党をつなぐパイプ役をやっていきたいと思います。別に、これといった役職についているわけではありませんが…」(前出の週刊現代)

と、脱原発を晋三氏に働きかける意欲を隠していない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中