巨人の原監督が名誉毀損の告訴状提出

印刷

   読売巨人軍の原辰徳監督は2012年10月3日、自らの女性問題を掲載した週刊新潮(10月11日号)の記事で名誉を傷つけられたとして、記事に愛人と称して登場する女性を名誉毀損罪で訴える告訴状を警視庁に提出した。

   巨人軍と原監督は、週刊新潮に対しても記事の取り消しと謝罪を求める抗議文を郵送した。同誌の記事では、7年前に原監督と知り合ったという女性が交際内容について証言している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中