2018年 5月 22日 (火)

秋元康「AKBじゃんけん大会」八百長説を一蹴 「AKB48グループはいつだってガチだ」

印刷

   「AKB48」総合プロデューサーの秋元康さん(54)が、2012年9月18日に行われた「第3回じゃんけん大会」に関して「八百長疑惑」がささやかれていることについて、新聞のコラムに「100%ありえない」と書いた。

   島崎遥香さん(18)が優勝できたのは、他のメンバーと違って腹のくくり方が違っていたからなのだという。

チョキしか出さずに勝ち残り優勝した

   じゃんけん大会は2010年から始まり今回が3回目で、勝ち残った上位16人が新曲を歌うメンバーとなり、優勝した人がセンターに抜擢される。今回参加したのは約230人と多く、上位に入るのはかなり難しい。

   この企画はアイドルとしての人気や実力に関係なく、これまで目立たなかったメンバーにも新曲を歌うチャンスを与えようと始まった。「八百長」の疑惑が出たのは昨年の2回目からで、人気と実力共に備わった成長著しい篠田麻里子さんが優勝し、「できすぎている」と話題になった。

   今回優勝の島崎さんに疑いがかけられたのは、優勝するまでチョキしか出さずに勝ち進んだこと。また、前田敦子さんの卒業後の「次世代センター候補」の位置にあったこと。今年10月に主演映画の公開を控えているなどがあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中