2018年 7月 17日 (火)

1号機格納容器で11シーベルト 汚染水水位は2.8メートル

印刷

   東京電力は2012年10月9日、福島第1原発1号機の格納容器内に小型カメラや線量計を入れて調査した結果、最大で毎時11.1シーベルトを計測したと発表した。作業員の年間被ばく線量50ミリシーベルトに数十秒で達し、1時間浴びると死亡する可能性があるほどの高い線量だ。カメラの映像から、格納容器内にたまった汚染水の水位が2.8メートルだったことも確認された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中