2020年 1月 27日 (月)

ユーチューブ「再生数」よりも「視聴時間」重視へ ネット上で「K-POP対策よくやった」の声も

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)が、検索結果が表示される仕組み(アルゴリズム)に変更を加えたことを2012年10月12日、コンテンツ制作者向けの公式ブログで発表した。

   再生されている時間が長い動画を高く評価する、というもので、この方針をめぐって、日本のネット上では、動画の再生回数が不自然に多い韓国人歌手への対抗措置だという憶測が広がっており、「よくやった」といった声すらあがっている。

方針変更は「より多くの人々の生活の中で、一番大切なメディアになるため」

アルゴリズムの変更は、ユーチューブの公式ブログで発表された
アルゴリズムの変更は、ユーチューブの公式ブログで発表された

   公式ブログによると、今回の方針変更は、コンテンツ制作者に対して、長時間の視聴に堪えるコンテンツづくりをうながす狙いがある。この変更を試験的に行ったところ、「クリック回数が減り、視聴時間が増える」という「望ましい結果だった」ため、本格実施に踏みきった形だ。

   この方針は、「より多くの人々の生活の中で、一番大切なメディアになるため」(2012年8月)などとして、これまでも打ち出されてきた。この背景には、一般世帯でビデオを見る際は、ひとつの番組(動画)を長時間視聴することから、ITリテラシーのそれほど高くない層に対してもユーチューブのコンテンツを浸透させる狙いがあるものとみられる。

   再生回数はリロード(再読み込み)すれば、比較的簡単に増やすことができるが、再生時間を増やすのはそれほど簡単ではではない。このため、方針変更後は、検索結果に大きな変化が出る可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中