ソフトバンク、米スプリント・ネクステル買収を発表

印刷

   ソフトバンクは2012年10月15日、米携帯電話3位のスプリント・ネクステルの買収を発表した。買収額は約201億ドル(約1兆5709億円)。ソフトバンクが2013年半ばまでにスプリントの株式の70%を取得し、完全子会社化を目指す。

   買収によりソフトバンクは、契約数が約9600万件に達し、NTTドコモを抜いて国内首位に立つ。発表翌日の16日、東証1部上場の同社の株価は大幅に上昇し、前日比217円高の2485円で引けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中