2018年 7月 19日 (木)

関電、料金値上げで「あらゆる選択肢を検討」 原発反対をけん制

印刷

   関西電力の八木誠社長は、電気料金値上げについて「あらゆる選択肢を検討する必要があるが、そうした(原発の長期停止と燃料費の高騰による収益悪化)事態にならないように原子力の再稼動に全力を尽くす」との考えを、10月19日の記者会見で述べた。

   原発の再稼動と値上げの関係について「こうした(原発停止)状況が長期化すれば、財務体質が悪化し電気の安定供給に支障をきたす恐れも考えられる」などと語った。原発の長期停止が電気料金の値上げにつながるとしている。

   八木社長は値上げについて、「何も決まっていない」とした。そのうえで実施時期については「燃料費の上昇が理由なら、企業向けと家庭向けで分ける理由がない」と、同時に実施するとの考えを示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中