前原氏、年明け解散は「『近いうち』ではない」 藤村氏は「個人的な話」

印刷

   前原誠司国家戦略担当相は2012年10月21日放送のフジテレビの番組で、野田佳彦首相と自民党の谷垣禎一前総裁が、衆院を「近いうち」に解散することで合意したことについて、

「私の感覚で言うと、年明けに解散したら『近いうち』ではない」

と、年内に解散すべきだとの考えを示した。

   これを受け、自民党の安倍晋三総裁は同日、福岡市内の講演で

「重要閣僚の発言は重い」

と述べ、年内解散に追い込みたい考えを改めて強調した。

   一方、藤村修官房長官は10月22日の会見で、

「それ(前原氏の話)は個人的なお話で、解散を決めるのは総理大臣」

と不快感を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中