2020年 12月 1日 (火)

「紅白歌合戦」に韓流スター出場? NHK放送総局長発言にネットで「ふざけるな!」

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   NHKの石田研一放送総局長が、大晦日に行われる「紅白歌合戦」に韓国の歌手を出場させる可能性を示唆したとしてネットで大ブーイングが起こっている。NHKに対し出場を阻止するために「電凸」やメールを送ろう、などといった呼びかけや、出場が決まった場合「受信契約を破棄してしまえ!」という声も高まっている。

   石田総局長は2012年10月24日の定例記者会見で、韓流歌手の出場について問われると、現在は検討中で決定してはいないが「政治と文化は違うというスタンスで、総合的に考えたい」などと発言した。

「政治と文化は違うというのがスタンスです」

   昨年大晦日の「紅白歌合戦」には韓国から過去最多となる「少女時代」「KARA」「東方神起」の3組が出演した。日本での韓流ブームを考慮した選考だったが、今年8月、李明博大統領が島根県竹島に不法上陸しただけでなく、天皇陛下に対し謝罪を要求したと報道されたことで日韓関係が悪化。さらに、従軍慰安婦問題に絡めた韓国のメディアや韓国市民団体の日本バッシングが多発した。

   こうしたなか、ネットでは「今年の紅白歌合戦に韓国人歌手の出場はない」と考える人が多かった。特に、松本正之NHK会長が9月6日の記者会見で、今年の紅白について

「日本人が自信を持って新たな一歩を踏み出そうというメッセージを伝える」

と語ったことがきっかけになり、「紅白、KARA、少女時代 追放」(東京スポーツ10月2日付)などと報じるメディアもあった。

   しかし事態は一変し、10月24日の記者会見で石田放送総局長が韓国歌手の紅白出場に対し

「政治と文化は違うというスタンスで、総合的に考えたい」

などと発言したと報じられ、「韓国人歌手を出すという宣言か?」とネットには批判の声が広がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中