2019年 8月 21日 (水)

突然「楽天kobo」が家に届く 「買った覚えがない」いったい何のため?

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   楽天の電子書籍リーダー「Kobo Touch」(コボ タッチ)が注文していないのに届く、という事態が同時多発的に起こりネットで話題になっている。

   楽天が「楽天カード」のプレミアム会員に、プレゼントとして送っているようなのだが、受け取った人の一部からは、「頼んでいないものを送られても」という声も出て、「koboる」という動詞まで生まれてしまった。

   異例とも言える「プレゼント」で、楽天は何をしようとしているのだろうか。

高価すぎるプレゼントにびっくり

日本の電子書籍業界に一石を投じたkoboだが…
日本の電子書籍業界に一石を投じたkoboだが…

   2012年10月24日、あるユーザーが「楽天銀行カード作ったら、koboをタダで送ってきた」とツイッターに投稿すると、数時間のうちに同様の報告が相次いだ。

「kobo Touchが出荷されたらしいけど買った覚えがない。と 思ったら会員様プレゼントと記載されてた」
「ヤマト不在メール見て目玉飛び出た。楽天から『kobo Touch(会員様向けプレゼント)』という品名を送り付けてキタ」
「なんか今日楽天カード会員用とかいって勝手に送りつけられた、、、 」

   どうやら、楽天カードのプレミアム会員の一部に、プレゼントとして電子書籍リーダー「kobo Touch」を送っているということらしい。楽天カードのプレミアム会員の年会費は1万500円で、「kobo Touch」の定価は7980円だから、普通では考えにくい高価なプレゼントだ。そのため、「楽天さんはよ」「koboくれるなら喜んで貰うで(・∀・)」と催促する声もネットでは出た。

   ただ、届いた人の間では、困惑する様子も複数見られた。「何の前置きも無いのは怖い」といい、実際受け取り拒否しようとした人もいる。

   ついには、

「楽天カード会員に向けて勝手にkoboを送りつけるというテロ的配布、通称『コボる』という現象が発生しているらしい」
「頼んでない物を送りつける事を『Koboる』って言うのがはやりそう」

などと「動詞」まで作られる事態になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中