橋下市長、石原新党へ歩み寄り 「メディアで言われているほど隔たりない」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京都の石原慎太郎知事が辞任の意向を表明し、新党を結成することになった。最も注目されるのが、大阪市の橋下徹市長が率いる日本維新の会との連携だ。この成否が、自民、民主に次ぐ「第三極」の行方に大きく影響するからだ。

   橋下市長は2012年10月26日朝の囲み取材で、石原新党と政策面で歩み寄りたい考えを繰り返した。

現時点で一致できていないのは憲法改正とエネルギー問題

   石原知事が10月25日に開いた会見では、維新の会については

「まず連携、連帯」

と述べるにとどまったものの、橋下市長に対しては

「彼の辣腕だったら、(市政の問題は)1期やったら解決する。その後、彼が立候補したらいい。私はワンポイントの先発ピッチャーでいく」

と、ラブコールを送っていた。

   10月26日朝の橋下市長の囲み取材は35分以上に及び、そのほとんどが石原新党への対応についてだった。なお、通常であれば、囲み取材は15分程度で終わることが多い。

   冒頭、橋下市長は、

「これからの協議次第。メディアで言われているほど隔たりはない。ただ、一番肝心な部分に、メディアの皆さんが有権者を代表して質問して来たときに口ごもってしまったら、見放されることは間違いない」
「石原都知事とも、一番肝心な部分の政策、理念、価値観、こういったところは絶対に一致させないと有権者から、そっぽを向かれるということを繰り返し言っているところ」

と、連携には政策や理念の面でのすり合わせが不可欠だということを繰り返して強調した。その上で、現時点で完全に一致していない政策分野として、憲法改正問題とエネルギー政策の2つを挙げたが、いずれについても、溝を埋めていくための努力をする考えのようだ。

姉妹サイト