日本の国益損ねる? 鳩山元首相が尖閣「領土問題化」主張

印刷

   鳩山由紀夫元首相が、沖縄県の尖閣諸島をめぐり、「領土問題として主権を主張すべき」なとど発言した。尖閣諸島については領土問題は存在しないというのが政府の公式見解で、これと対立する形だ。

   鳩山氏は民主党の最高顧問(外交担当)に復帰したばかり。一部の識者からは領土問題化を唱える意見はあるものの、「またもや日本外交の足を引っ張っている」との指摘も出ている。

野田首相は「領土問題はない」の立場

鳩山氏は「東アジア共同体」の実現が持論だ(写真は2010年11月、東京大学「駒場祭」の講演で)
鳩山氏は「東アジア共同体」の実現が持論だ(写真は2010年11月、東京大学「駒場祭」の講演で)

   鳩山氏は2012年10月27日に苫小牧市内で行った講演で、尖閣諸島の問題について、中国側が領有権を主張していることを理由に、

「領土問題でないといくら言っても、日本は不利な立場」

と発言。その上で、

「領土問題は領土問題として議論を大いにしながら、日本の主権を主張していくべきだ」

と主張した。

「友愛精神、東アジア共同体の発想を生かしたい」

と持論を展開した。

   なお、野田佳彦首相は10月1日の記者会見で、

「領有権の問題は存在しないというのが我々の立場、この基本的な立場は堅持していきたいと考えているし、堅持しなければならない」

と発言しており、これが日本政府としての公式な立場だとされている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中