国連の作業部会で慰安婦問題審議へ

印刷

   国連人権理事会が2012年10月31日に開く予定の対日作業部会で、いわゆる従軍慰安婦問題が議題に上る可能性が出てきた。共同通信が10月28日に報じた。

   10月15日に行われた国連総会第3委員会では、韓国の辛東益国連次席大使が、日本を名指ししなかったものの「慰安婦問題はまだ解決していない」と発言。これに対して日本側は、賠償問題については「法的に解決済み」と従来の主張を繰り返した。

   作業部会では、韓国などが慰安婦問題の審議を提起するものとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中