2018年 7月 20日 (金)

東電OL殺人事件再審、検察が無罪求める

印刷

   1997年に起きた東京電力女性社員殺害事件で無期懲役が確定し、11年6月に再審開始が決まったネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリさん(46)の再審第1回が2012年10月29日、東京高裁(小川正持裁判長)で開かれた。検察側は、「被告以外が犯人である可能性を否定できない」として、無罪を求める異例の意見を述べた。審理は30分程度で終了し、11月7日に無罪判決が言い渡されて確定する見通し。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中