関西電力、電気料金の値上げ検討開始

印刷

   関西電力は2012年10月29日、大阪市の本社で記者会見を開き、電気料金の値上げについて具体的な検討を開始したと発表した。

   29日発表した12年度第2四半期決算によると、純損益が過去最悪の1167億円の赤字だった。これは大飯発電所3、4号機以外の原発の再稼働のめどが立たず、火力燃料費などの負担が大幅に増加したことなどが原因で、このままでは電力の安定供給に支障をきたしかねないことから「苦渋の選択」として電気料金の値上げの検討に至った。値上げの時期や幅は今後調整するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中