中央大が理事長を解任 付属中の不正入試に関与で

印刷

   不正入試への関与を巡り、中央大学が2012年10月29日、久野修慈理事長を理事会で解任したことが分かった。

   久野理事長は、付属の横浜山手中学校の入試で、知人の孫の名前などを中学校側に伝え、不正に合格させた疑いが持たれている。解任理由としては、不正入試に関与した責任を認めず、学校運営を混乱させたことが挙げられている。

   後任の理事長には、凸版印刷会長の足立直樹理事が選ばれた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中