2019年 12月 12日 (木)

スターウォーズ「エピソード7」 ディズニーが制作で一体どんな内容に?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   映画「スターウォーズ」などの制作会社・ルーカスフィルムを、米ディズニーが買収した。そして、スターウォーズの新作「エピソード7」を2015年に公開すると発表した。

   一体どんなストーリーが新たに語られるのか、さっそく注目が集まっている。

   実は、ジョージ・ルーカス監督は以前から新たな「3部作」について話していた。また、ファンからは小説の映像化ではとの見方も出ている。

1980年代から語られてきた「幻の3部作」

   2012年10月31日、米ディズニーが、約40億5000万ドル相当でルーカスフィルムを買収したと発表した。あわせて、ルーカスフィルムの代表作「スターウォーズ」シリーズのエピソード7から9までを制作すると明かした。このうちエピソード7は2015年に公開すると言う。

   「スターウォーズ」シリーズは、アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベーダー)とその息子、ルーク・スカイウォーカーの2代にわたるジェダイとシスの抗争を、宇宙を舞台にした壮大なスケールで描き、世界中で人気を博した。一般には、2005年の「エピソード3 シスの復讐」公開で全6部作が完結した、と思われていた。そのためネットでは、このニュースに驚く人も多い。

   しかし、ファンからは「やっとか」と言う反応がほとんどだ。実は旧3部作がヒットした1980年代、ジョージ・ルーカス監督はスターウォーズを「9部作」として考えていた。そのため、「幻の3部作」、エピソード7~9の構想はさまざまなところで断片的に語られていたのだ。

   過去の監督の発言によれば、エピソード7はエピソード6の20~40年後に始まる。ストーリーは、帝国との戦いで疲弊した共和国の再建を描くもので、「家族の物語」になるそうだ。メインテーマには倫理・哲学的な問題があると言う。また、ルークがある女性とロマンチックな関係になるというエピソードなども考えられていた。登場人物については、9作品すべてに出るのは、ドロイドのR2-D2とC-3POのみになるということだった。

   ただ、これらの発言はいずれも80年代にされたもので、1999年から作られた「新3部作」との矛盾も多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中