橋下大阪市長ウォッチ
「カラーがちょっと違う」 「立ちあがれ日本」との連携に難色

印刷

   「日本維新の会」を率いる大阪市の橋下徹市長は2012年10月31日の囲み取材で、いわゆる「石原新党」と合流する見込みの「立ちあがれ日本」について、

「やっぱり、グループ、党になると難しいですよ。やっぱり」

と、連携に難色を示した。その理由として、

「カラーがちょっと違うのかな、という気がしますけどねー。真正保守、真正保守っていう風にこだわられるのであれば、まぁ、そういうグループでされた方がいいんじゃないでしょうかね~」

と、党の方針や文化の違いを挙げた。また、同党所属議員が非公開の会談内容をリークしているとして、

「政治の信頼関係が築けない」

と不信感を募らせていた。

   だが、

「石原さん個人とは一緒にやりたいです」

とも明言している。

   「立ちあがれ日本」は10月30日の会合で、同党の名前を変更する形で「石原新党」を11月上旬にも発足させる方針を決めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中