若者の離職率、飲食業など3年以内に48% 業種別を初公表

印刷

   若者が正社員として就職したあとに3年以内に離職した人の割合は、教育や学習支援業と宿泊・飲食業が48%にのぼることがわかった。厚生労働省が2012年10月31日、入社から3年以内に離職した人の割合を初めて業種別に公表した。

   3年前に大学を卒業した若者の離職率で、最も高い業種は教育・学習支援業と宿泊業、飲食サービス業で、いずれも48%、次いで生活関連サービス業や娯楽業の45%などと、サービス業で高い傾向にある。

   一方、最も低い業種は、鉱業・採石業で6%、次いで電気・ガスなどのライフライン産業が7%、製造業が15%となっている。

   離職した人は、業種によって大きな開きがあることがわかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中