2018年 7月 20日 (金)

若者の離職率、飲食業など3年以内に48% 業種別を初公表

印刷

   若者が正社員として就職したあとに3年以内に離職した人の割合は、教育や学習支援業と宿泊・飲食業が48%にのぼることがわかった。厚生労働省が2012年10月31日、入社から3年以内に離職した人の割合を初めて業種別に公表した。

   3年前に大学を卒業した若者の離職率で、最も高い業種は教育・学習支援業と宿泊業、飲食サービス業で、いずれも48%、次いで生活関連サービス業や娯楽業の45%などと、サービス業で高い傾向にある。

   一方、最も低い業種は、鉱業・採石業で6%、次いで電気・ガスなどのライフライン産業が7%、製造業が15%となっている。

   離職した人は、業種によって大きな開きがあることがわかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中