2020年 10月 27日 (火)

「忌々しいアメリカ人全員を殺してください」 PSYの過激反米ソングを巡り論議

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   韓流スターでラッパーのPSY(サイ、35歳)がアメリカで大ブレイクしているが、米CNN系列のニュースサイトに、「PSYは過激な反米主義者だ」という記事が掲載され論議を呼んでいる。過去にリリースした楽曲に、米国と米軍を非難し、「殺害予告」とも取れる歌詞があったというのだ。

   PSYが韓国語で歌う「江南スタイル」は、2012年10月31日付の米ビルボード音楽メインチャートで6週連続2位を記録、「ユーチューブ」でこの楽曲は6億閲覧を超え、今やアメリカのメディアに引っ張りだこだ。

PSYがアメリカで活躍していることが信じられない

   問題の記事は、米CNNの市民記者サイト「CNN iReport」に12年10月6日付で掲載された。記事を書いたのはausjeon氏で、自分は5年前からPSYの音楽活動を観察してきたが、PSYは韓国ではアメリカを侮辱しているのに、アメリカに来ると親米のポーズを取る「日和見」な人間だと指摘。CNNのリポーター達は既に知っているはずだが、知らない市民のために自分はこの事実を報じなければならない、として、韓国語の歌詞と訳した英語の歌詞を並べた。

   それはイラク戦争での米兵の行為を批判した、こんな歌詞だった。

「イラクの捕虜を拷問していた、くそいまいましいヤンキーを殺してください。拷問せよと命令した、くそいまいましいヤンキーを殺してください。奴らの母、父、妻、息子を殺してください。痛く、そしてゆっくり、彼ら全員を殺してください」

   そしてausjeon氏は、こんなPSYがアメリカのポップカルチャーの中で活躍していることが信じられない、と結んでいる。

   この楽曲は、04年にPSYが韓国人歌手シン・ヘチョルと歌った「Dear America」なのだそうだ。

   この記事は12年11月1日までに2万5000回ほど閲覧されていて、コメント欄にはPSYに対する批判もあるが、擁護する書き込みも多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中