2018年 7月 21日 (土)

キング・カズがフットサルW杯初出場を遂げる

印刷

   元サッカー日本代表の「キング・カズ」こと三浦知良選手(45)が2012年11月1日、フットサルW杯に初出場した。

   タイで開催されている今回のW杯で日本は、前回優勝のブラジルと1次リーグで対決。三浦選手は前半5分に登場し、00年大会のキューバ、キンデラン選手の40歳を抜き、最年長記録を作った。試合は1-4で敗れたが、三浦選手はシュートや華麗なドリブルでブラジルを攻めた。

   1次リーグは24チームが6組に分かれて争っていて、各組2位までと、3位でも成績により4チームが決勝トーナメントに進む。日本はこれからポルトガル、リビアと対戦し決勝トーナメント進出を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中