2018年 6月 26日 (火)

橋下大阪市長ウォッチ
石原氏以外の「たちあがれ」メンバーは「まったくいりません」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年11月1日の定例会見で、いわゆる「石原新党」の母体になるとみられる「たちあがれ日本」を突き放す発言を繰り返した。

「第三極のボスは石原さんですよ」


   橋下市長は、

「『たちあがれ』のメンバーの力は、別に必要ないです。石原さん個人の力が必要なわけであって、その他のメンバーの力は、まったくいりません」

と断言。その一方で、石原慎太郎前都知事には心酔しきっているようで、

「第三極のボスは石原さんですよ」
「石原さんとは、世代の違いなんでことはまったく感じない。でも、『たちあがれ』のメンバーは、どうも報道を見る限りでは世代の違いというものを、どうしても感じてしまいましたけどね、昨日の段階では」

と、党単位での連携は難しいとの見方を改めて示した。

   その一方で、

「話があれば、政治家なので拒絶はしない」

とも述べ、「たちあがれ」側から要請があった際には、協議に応じる考えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中