2020年 5月 26日 (火)

マッコリ輸入3割減、ブーム終了? 韓国では「竹島問題影響」の見方

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ここ数年、爆発的な伸びを見せてきた、韓国の濁り酒「マッコリ」の輸入が激減している。

   韓国メディアでは、竹島(韓国名・独島)問題で両国関係が悪化したり、日本でノンアルコール飲料の消費が伸びたりしたことが背景にあるとみている。だが、日本側の受け止めは少し違うようだ。

マッコリは保存があまりきかず、在庫を抱えられない

   韓国関税庁が2012年10月28日に発表した輸出入統計によると、12年1月から9月にかけて日本に輸出されたマッコリの量は2万1743トンで、前年同期比28.6%減少した。金額ベースでも同様で、28.0%減の2736万ドル(約22億円)だった。

   この背景として、韓国メディアは業界関係者の話として、(1)竹島問題で日韓関係が冷え込み、ブームがさめた(2)日本でノンアルコールビールの出荷が増えた分、マッコリに「しわ寄せ」が来た、といった見方をしている。

   国内のマッコリ輸入業者の多くは販売量の推移などを開示していないが、輸入量が減少した分、ほとんどタイムラグのない形で国内の流通量も減少しているとみられる。マッコリはあまり保存がきかないため、大量の在庫を抱えておくことができないためだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中