2019年 2月 21日 (木)

万里の長城で遭難事故 邦人2人死亡、1人不明

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   中国・河北省にある万里の長城で2012年11月3日、日本人観光客4人を含む5人が大雪のため遭難し、68歳と62歳の日本人女性2人が死亡、日本人男性1人が行方不明となった。ガイドを務めていた中国人男性と、同行の日本人女性は救助された。

   ツアーを企画した旅行会社「アミューズトラベル」は11月5日、報道陣を前に死亡者を出したことを謝罪した。ツアーの内容は、9日間の日程で、万里の長城を約100キロトレッキングするというもの。ガイド2人と客4人の計6人で行動していたという。3日は7時頃に北京市の延慶を出発し、14キロを約5時間かけて歩く予定だったが、午後から大雪となって身動きが取れなくなったとみられる。

   アミューズトラベルは09年にも、北海道のトムラウシ山で8人が死亡したツアーを主催しており、観光庁から51日間の業務停止命令を受けていた。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中