2019年 8月 18日 (日)

誤認逮捕少年への補償金たったの57万円 人生狂わされたのに「ふざけるな」の声

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   遠隔操作ウイルスに感染したパソコンから犯行予告が書き込まれ、19歳の少年ら計4人が誤認逮捕された事件は、日本の刑事補償の問題点をもあぶりだしている。

   不当逮捕で1か月半も拘束されたことへの補償金は、1日につき最高1万2千円程度なのだ。ネットユーザーからは「安すぎる」「ふざけてる」といった声が掲示板などに相次いでいる。

拘束1日当たり最高1万2500円、時給でいうと500円

   ネット利用者の怒りのきっかけは、共同通信が2012年11月8日に配信した記事だった。

   「誤認逮捕された19歳の少年への補償手続きが始められた」として、支払われる見込みの補償金は

「拘束された日数に応じて支払われ、拘束1日当たり最高1万2500円」
「少年は7月1日に威力業務妨害で逮捕され、(中略)46日間拘束された」

   と報じた。

   「24時間拘束だから、時給でいうと500円」「絶対許せない。ひどい」「人生を狂わされた代償がたったの57万円」。この記事を受けて、ツイッターやネットの掲示板には義憤にも似た意見が書き込まれ、「こんなに安ければ誤認逮捕も平気でやるわけだ」など捜査機関に対する批判も多かった。

   少年らへの補償金をめぐっては、多くの人が首をかしげてしまうレベルだが、日本の刑事補償制度は一体どんな仕組みになっているのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中