2020年 4月 1日 (水)

「奈良公園のシカ、殺さないで!」 奈良県庁に苦情100件以上、食害対策は凍結

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   天然記念物の「奈良のシカ」について、奈良県などが実施しようとした「対策の検討」が凍結された。

   公園外の鹿について、駆除も含めて検討するという内容だったが、「シカを殺すのはけしからん」という非難が殺到した。「食害」を中心とした苦情が市民から増え、本格検討に乗り出した矢先のことだった。

「奈良だけはシカを守ってくれると思っていた」

   奈良県が「奈良公園外」に住み着いたシカの駆除を検討していると2012年11月12日、朝日新聞が報じた。ところが12日夜、奈良県・奈良公園室の担当者は、「検討は、当分の間凍結せざるを得なくなった」とJ-CASTに明かした。一体何があったのだろうか。

   県担当者の説明によると、報道を受けて、奈良公園室を含め関係機関等に100件以上、「シカを駆除するな」「撃つな」といった抗議電話が殺到し、業務に支障を来した。電話は日本全国からかけられ、「地元はシカを害獣として殺してしまうが、奈良だけは守ってくれると思っていた」といった内容もあった。こうしたこともあって、凍結にいたったのだという。

   問題の記事は、「奈良のシカ、県が駆除検討 公園外の食害絶えず」という見出しを打ち、奈良公園内のシカの写真をトップに掲載していた。記事の冒頭には、「奈良県などは、奈良公園を離れて周辺の田畑で農作物に繰り返し被害を与えたり、周辺の山にすみついたりしている鹿の一部を駆除する検討を始めた」と書いてあった。

   もっとも、奈良公園室の担当者は、J-CASTの取材に対して、「奈良公園内のシカが殺されることはない」と断言していた。そして、公園周辺の「人とシカとの共生」について、外国人観光客らから「人と自然との共生が残っている素晴らしいもの」と評価されていると強調し、「これまで1000年続いてきた。これから1000年も続けていきたい」と話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中