鳩山元首相、衆院選不出馬を野田首相に伝達

印刷

   民主党の鳩山由紀夫元首相(65)が2012年11月21日、 野田佳彦首相と党本部で会談し、衆院選に立候補しない意向を伝えた。主要紙が相次いで報じた。

   鳩山氏は消費増税や環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉参加に反対する立場を取っているが、民主党が「党議を踏まえて活動する」との誓約書を取っていることが一因と見られる。

   鳩山氏は会談後、地元の北海道に戻り、引退の意向を正式表明する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中