国内コンビニ5万店突破 激戦区・東京も「まだ出店余地ある」

印刷

   国内のコンビニエンスストアが2012年10月末で5万店を突破したことが、「コンビニエンスストア速報」の調べでわかった。コンビニチェーン15グループの店舗は10月末時点で5万101店となり、9月末から185か店増えた。

   セブン‐イレブンは1万4627店で、10月中に48か店増えた。ローソングループは1万1020店(60か店増)、ファミリーマート9160店(60か店増)、サークルKサンクス6272店(13か店増)、ミニストップは2174店(5か店増)だった。セブン‐イレブンをはじめ大手の出店攻勢が続いている。

   「コンビニエンスストア速報」は、「なかでも、飽和状態といわれる東京での出店が続いていて、まだ出店余地があるとみている」と話す。激戦区・東京のコンビニ数は7000店弱にのぼる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中