米アマゾン、サイト内に独自ページ開設できるサービス

印刷

   米アマゾン・ドット・コムが2012年11月26日までに、アマゾンのウェブサイト内で企業が独自のページを開設できるサービスを開始した。オンライン通販の拡大を目指す企業にとっては、アマゾンを訪れる利用者をターゲットに自社の製品をアピールできる機会が増えることになるという。

   自社製品の写真を掲載でき、アマゾンで販売されている該当製品を購入できるような仕組みが取り入れられている模様だ。交流サイト「フェイスブック」とも連動している。業者にとっては、自前で通販用サイトを立ち上げなくてもアマゾン内に「仮想店舗」を設置することで販売機会を増やせるメリットができる。現時点では米国版のみでサービスが提供されているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中